月光と共にいきる

遊戯王の月光(ムーンライト)について語ります

【デッキ紹介】芝刈り月光(2019版)【遊戯王】

みなさまこんにちは!


久々のデッキ紹介でございます


とりあえず構築から見ていただきましょう、話はそれからです



f:id:tenzou270:20190810125129j:plain

f:id:tenzou270:20190810125208j:plain



はい、タイトルにもある通りRR(闇鳥)と幻影騎士団を混ぜた上での60芝刈り構築です


まずは基本型のRR幻影月光についてのおさらいを少し

去年のデュエリストパックで登場した月光黄鼬がランク4エクシーズと相性が良いこと

そしてそれをブーストするかのようにリンクヴレインズ2で登場したRRワイズストリクスで、もともと相性が良かったゼピュロスへのアクセス強化と、最強の制圧力を誇るサイバードラゴンインフィニティを簡単に使役できる力を手にしました

更にワイズが闇のリンク2である点に注目してラスティバルディッシュでブーストをかけ、ラウンチによる相手ターンアザトートや幻影霧剣で更に妨害に磨きをかける

これがRR幻影月光…通称『エクシーズ月光(ムーンライト)』の基本戦略です


ですがこのエクシーズ月光、展開必須パーツが多すぎて増Gやヴェーラーといった手札誘発や羽箒を入れる枠が用意できないという最大の弱点を有していました

手札誘発による空中戦が当たり前となっている現代遊戯王においてこれは致命的です

かといって増Gを入れる枠を無理矢理作ろうとすると、例えば終末の騎士が抜けて初動になってくれるカードが減ったり…

黒羊を抜くと切り札である狼へのアクセスが減り、紫蝶を抜くとソウコスタートの動きを捨てることになり、「入れとけば最低限の展開ができたのに~!」
という歯がゆい思いをすることになります

闇鳥を削るともはや引いちゃいけないカードが多すぎてデッキとして機能しませんし、幻影騎士団をサイレントブーツ単騎に減らしてもそれはそれで事故要因が増えることに直結するので望ましくはありません


それならデッキ枚数を増やしてしまえばいいのでは?

増Gつっこんで43にしようぜ!

そう思う方もいるでしょう

それもありっちゃありなのですが、今の月光はいかに早く虎(or月光香)と彩雛を揃えるかがキーになっているので、デッキ枚数は少ないに越したことはないのです



…ならば逆転の発想です



中途半端に増やすから悪いんだ、増やすならいさぎよく60まで増やしてしまおうと!!

知っての通りこのエクシーズ月光、墓地で効果を発動するカードや墓地からモンスターを特殊召喚するカードがわんさか入っています

更に仮に芝刈りを使えたとしたら、不確定ですが三積みの月光香と彩雛はまあ落ちます


なのでデッキ枚数が増えても、芝刈りが入ることで実質的な彩雛と虎の枚数比率は変わっていないと捉えることもできます



…さあ、芝を刈ると決めて、ここで問題になってくるのは

落ちてはいけないカードが多すぎる
ということ

エクシーズ月光の相手ターンの妨害は二種類のRUMに一任しています

仮にラウンチやソウルシェイブフォースが芝刈りで落ちたとすると、先攻の妨害力が半分以下まで落ちます

そのためにどちらも二積みするのもアホらしい話ですし、どうしたものか…?




そう




アザトートいらなくね?



こういう結論に至ったわけです

そもそも9月のエクストラパックでクロノダイバーリダンという最強カードが来ることが確定しているのに、その完全劣化であるヴェルズタナトスエクストラデッキの枠を食われているのが気に食わず、8月現在、ラウンチという存在に疑問を持っていたのです


というわけで
幻影騎士団周りの調整と、最終盤面の変更、そして芝刈りを前提としたカードの枚数配分

この三つの課題に取りかかりました



まずは最終盤面の変更


芝刈りと言えばシラユキ、シラユキと言えば芝刈りということでまずはこいつを使うことを前提としました

強いカード強い理論だけでなく、ちゃんと月光とのシナジーもあります

狼以外の彩雛を除外する手段(もちろん相手ターンでも)、更にコストで場のカードを退かせるので先にシラユキを墓地に落としてあるとスキルドレインの回答にもなり、ヴェーラーや無限泡影といった対象に取る妨害からモンスターを逃がすことが可能になります

というわけでシラユキを墓地へ落とすためにキュリオスを採用しました

闇獣戦士、闇鳥、闇戦士で三テーマの種族が見事に別れているので使いやすいです


更にシラユキで除外を稼げるということで、「噛み合うデッキではとことん強いランク4」であるアマテラスも採用しました

キュリオスでシラユキと一緒に手札誘発が落ちればそれを相手ターンに回収することができ、除外された幻影騎士団等を場に帰還させることで更にリンクを稼ぎつつアドも稼げます


そしてアマテラスで帰還させたモンスターとキュリオスで出すリンク4ですが、トロイメアグリフォンが適任です

十字なのでメインモンスターゾーンに出しやすく、永続効果による妨害が行えるので安心して先攻盤面の核を任せられます

墓地から魔法罠をセットする効果もキュリオスの墓地肥やしとの相性がいいので良し


というわけでキュリオス、シラユキ、アマテラス、グリフォン

これを展開の最終到達点とします



●採用カード

モンスター

・月光彩雛×3
このデッキの初動
なるべく天キではなく素引きしたい
二枚引いて虎がいないって時は紫蝶を落としてソウコを出すことでどうにか展開レールに乗ります

・月光虎×3
メインエンジン
基本彩雛とこいつがいなければ始まらない
後攻時はヒダルマーとのコンボがとても強力なのでとにかくかき集めましょう

・月光黄鼬×2
虎とのコンボが凄まじいメインエンジン2
彩雛が重要なのはこのカードを墓地へ落とせるため
芝刈りで枠が空いたことで二枚入れられるようになりました
これで除外も怖くない

・月光紫蝶×1
縁の下の力持ち
40構築だと抜く筆頭候補ですが、こいつを入れてれば勝ててるのに…なんて試合が極めておおいのでやはり必須枠
芝刈りで枠があるので当然採用

・月光狼×1
フィニッシャーであるライオダンサーを呼ぶこのデッキのキーカード
墓地へ落として黒羊で回収ってのが基本ですが、ターンが経過しているのなら虎でこれを出し、黄鼬で戻すことで手札に加えることも可能です

・月光黒羊×1
狼へのアクセス手段
芝刈りで狼と一緒に落ちてしまうと冷や汗が出ます
紫蝶同様60だから採用できるカード

・月光翠鳥×1
ぶっちゃけいてもいなくても…黄鼬への墓穴を避けるための囮
ナイアルラを使わない構築なので率先して墓地へ落としておく必要はないです
むしろおろまい、終末、芝刈りで落としたいのでデッキに眠らせていた方が好都合

・ゼピュロス×2
すっかり月光ファミリーに馴染んでいます
手札を捨てられるカードがないときに素引きしたらお通夜なので二枚

・クリス×1
手札から特殊召喚できるレベル4闇鳥
同ステータスのカードが充実してきたら抜ける候補
1900がでかい

・ブラスト×1
クリスの予備
芝刈りでクリスが落ちると展開に支障が出るためクリスと合わせて二枚採用
BFがいると場に出せるカードが二種類になったことでゼピュロス+クリスorブラストよ幻影BFの動きも搭載できるのでgood

・シンギングレイニアス×2
ワイズストリクスの踏み台
同じく芝刈りで落ちると支障が出るので二枚
フォースストリクスへの誘発ケアになるので実は素引きしてるとニヤつけます

・ミミクリーレイニアス×1
副葬スタートや月光香スタートで召喚権や、コストにしたいカードが余ってる時にゼピュロス以外の選択肢となります
サーチ先のシンギングが増えたことで更に使いやすくなりました
手札コスト確保にもなります

・ダスティローブ×1
ポイントは幻影騎士団「カード」を手札に加えられる点
バルデュッシュでこれを落とし、サイレントブーツを持ってきてキュリオスの素材にします
幻影霧剣はサーチできないので注意

・サイレントブーツ×1
こちらはファントム魔法罠サーチなのでモンスターは持ってこれませんが霧剣は持ってこれます
リンク召喚に使うのでレベルは気になりません

・フラジャイルアーマー×1
…恐らくほとんどの人がなんだこいつ!?と思っていることでしょう
ダスティローブでサイレントブーツを持ってくるということは、ダスティローブは引いてはいけないカードとなるわけです、そこでダスティローブ二枚で回していたのですが、霧剣をサーチできないやつを複数入れるのはやはり違うな
となりました
これなら引いてしまったダスティローブをドローに変えられ、しかもレベルが4なので霧剣と一緒に落ちればランク4の素材になります

・終末の騎士×1
四枚目の彩雛
それでなくても墓地効果を持つ闇属性ばかりのデッキなので割となんでもできるジョーカー的な万能カード
誘発はやめてください死んでしまいます

・シラユキ×1
今回の妨害の要
レベル4だし彩雛除外できるしでかなりの噛み合いを見せてます
環境的に裏守備が刺さるのも良し

魔法

・月光香×3
虎同様手札にどうしても来てほしいカード
でも彩雛がいないときに引くと事故要因に化ける困ったちゃん
ミミクリーが入っているので月光香展開だと虎よりモンスターが一体余ります
芝刈りと相性良し

・天キ×3
獣戦士デッキの基本中の基本
忘れがちですが、永続カードなのでゼピュロスで戻してサーチ効果をもう一度使うことも可能です
うららされるとキツかったり、ターン1制限がついているのでできればソウコで持ってきたい

・おろかな副葬×3
月光香を落とすことで天キ同様初動に必要な二種をサーチ可能です
小夜曲舞踏は後で説明します

おろかな埋葬×1
先程終末の騎士をジョーカーと言いましたが、真のジョーカーは多分こちらです
なんでもできます、強い
さすが制限カード

・隣の芝刈り×2
今回のコンセプト
60構築にしてこれを入れることで、相手依存の妨害カードや多彩な芸を積めるようになっています
引けたら最強、引けなくてもまあ普通のエクシーズ月光をやるだけなので…
これのせいでいろんなカードが二積みされています

・闇の誘惑×3
枠が余ったことでようやく使えるようになったドローカード
闇鳥が増えたこと、黄鼬が二枚になったこと、幻影はアマテラスで帰還できるので手札コストに困ることはまあ無いです

・手札抹殺×1
手札誘発の蔓延る現代の遊戯王ではかなり賛否別れるカードとは思いますが、とにかく彩雛と虎を揃えないと始まらないデッキなので、初手に使ったとしてデッキを即座に四枚掘れるこのカードはかなりありだと自分は思っています

・増援×1
ほとんど終末専用
一応幻影騎士団も持ってこれるので、手札コストが必要な場面はそちらを持ってきましょう

・ソウルシェイブフォース×2
サイドラインフィニティを呼べる最強カードです
気持ち悪いですが、芝を刈る以上二枚は入れておきたいです
いっそランク6の選択肢を増やすのもあり

・小夜曲舞踏×1
翠鳥同様、最悪なくてもよいカードです
が、副葬+手札コストがランク4になったり、黄鼬が芝刈りで落ちたときにサーチ先がいないと寂しいので入れました
副葬がとりあえずの特殊召喚カードになるのでやはり抜けません

・幻影霧剣×3
芝を刈ったりキュリオスを使ったりで幻影騎士団のサーチ先がなくなるのが嫌なのでフル投入
普通に素引きしても単純に一妨害になるので増Gされても耐えられるようになります
墓地除外効果で出た幻影騎士団は除外されてしまいますが、アマテラスがいるので問題なし
しかも落ちてもグリフォンで回収できます

・ブリガンダイン×1
霧剣以外の選択肢
大体モンスター数は足りるので好んでサーチすることは少なめ
墓地に罠があると即発動できないので芝刈りとの相性は悪いですが、他の二種の罠は自力で墓地から除外でき、最悪シラユキがいるのでなんとかなります

汎用カード

増G×3
ドラゴンリンクが環境にいることから三枚
もともとこいつを三投入したくて芝刈り型にしたようなところもあるのでコンセプトとも言えます

うらら×2
入ってないとデッキじゃないとまで言われる時代になってしまいました
増Gがキツいのでフル

うさぎ×1
環境にいるデッキ大体に刺さってます

わらし×1
アマテラスの選択肢を増やしたいのと、苦手なサンドラや閃刀姫に効きます
メインからじゃなくてもいいかななんて思ったり

ヴェーラー×1
無限泡影がブリガンとの兼ね合いで使いにくいのでこちら
それでなくてもこいつを含めレベル4以下の手札誘発は相手ターンにアマテラスで回収できるってのがかなり良いです

墓穴の指名者×3
展開デッキの嗜み
抹殺の指名者は枠の都合でなし、泡影も入れられませんし、あまり汎用カードを入れすぎても事故率が上がるだけなので
相手依存の汎用カードは全体の五分の一である12枚に抑えています

羽根箒×1
60枚とはいえ、0と1の差はあまりにでかいのでメイン採用

エクストラ

・ライオダンサー×1
このデッキのフィニッシャー
枠が増えたことで霧剣が後攻サイチェンで抜けなくなったのでゆっくり戦うやり方ができるようになりました
なので焦らず、急がば回れがモットーです

・パンサーダンサー×1
踏み台

・ワイズストリクス×1
ゼピュロスとソウルシェイブフォースを持ってくる最強のアド取りマシーン

・フォースストリクス×2
ワイズストリクスの踏み台
二枚のうち片方を使ってしまうとワイズでソウルシェイブをサーチできなくなるので大事に使いましょう

・サイドラインフィニティ×1
最強のモンスター
最後にモンスターが余ったらこいつの素材にしちゃいましょう

・ラスティバルディッシュ×1
ワイズストリクスから繋ぎます
霧剣を持ってきたり相手の除去をしたり…このデッキの核です
ソウルシェイブフォースで出したフォースストリクスでも破壊効果が起動するのは意外と知られていない

・キュリオス×1
先攻ではシラユキを、後攻では月光香を落として狼を持ってきます
闇属性で固まっているデッキなので出すのにはあまり困らない
三枚肥やしでハズレを引いても泣かない

・アマテラス×1
シラユキとの相性が最高です
幻影騎士団を帰還させて次のターンにもう一度サーチなんてことも可能です
4×3がちと重いですが、自分と相手ターンで2アド取れるので実質とんとん

グリフォン×1
主にキュリオスと、アマテラスで帰還させたやつで出します
手札を捨てて魔法罠を墓地からセットする効果もキュリオスや芝刈りと噛み合っててgood
通常召喚したモンスターは効果を使えるので注意

・ソウコ×1
天キセットマン
素材を取り除く効果も対象に取らない効果無効と普通に強い
でも他にモンスターがいなければ素材を取り除けないってのが地味にキツかったり…

・ヒダルマー×1
後攻の切り返し要因
虎を破壊して更に展開することも可能です、が
今の月光は虎をどれだけ使い回せるかが鍵なので使いどころは見極めましょう

ユニコーン×1
ヒダルマーが生き残った時は更に一体増やしてこいつにします
手札を捨てる効果もこのデッキならプラスに働くことも多く、カードの種類を問わずにデッキバウンスという強力な除去能力を持ちます
更に属性が闇ということでバルデュッシュやデスポリスの素材になれます
エクストラゾーンに出すとマーカーが一つしか用意できないのがキツめ

・デスポリス×1
バルデュッシュに繋がる闇のリンク2枠、マスカレーナやアンクロと選択
アザトートが抜けたことで狼へのうさぎのリスクが倍増したのでこいつを採用
マスカレーナだとリンクモンスターを巻き込めなくて場が埋まって難儀することがけっこうあるのでやはりこいつが最安定

・ヴェルズナイトメア
自由枠
増Gされて妨害ゼロで返すのが怖いときに使います
一応闇のエクシーズなのでバルデュッシュの効果が起動します
ぶっちゃけここの枠は割となんでもよくて、深淵や竜巻といった他のランク4でもいいですし、ソウルシェイブが二枚になったことでベアトにしてもいいですし、安定を取って三枚目のフォースストリクスを入れてもいいでしょう



●基本展開

とてつもなく長くなるのでルートは割愛します


・彩雛+虎

バルディッシュ、アマテラス、グリフォン、インフィニティ、墓地にシラユキ、霧剣二枚

これがこのデッキの基本展開になります
キュリオスの落ちによってアマテラスで誘発が回収できたり、グリフォンで墓穴がセットできたりします
もちろん相手のGにうららや墓穴を使ってても可能です


・月光香or彩雛+副葬

同じ
従来のエクシーズ月光ではモンスターが最後に足りなくなるのですが、ミミクリーレイニアスを採用したことで基本展開と変わらない布陣が組めます


・彩雛+月光香

同じ(インフィニティの素材追加)
ミミクリーレイニアスのおかげでモンスターが一体増えるのでサイドラインフィニティの素材が一つ増えます


・ゼピュロス+クリスorブラスト

バルディッシュ、インフィニティ、霧剣、ナイトメアor霧剣もう一枚
闇鳥を増やしたことで可能となった妥協展開です
これの応用でレベル4モンスターが三体場に出せればワイズストリクスが起動できるのでインフィニティ霧剣二枚までは可能になります


あとは芝刈りでアドリブ力が試されます



●まとめ

ほんとに、今のエクシーズ召喚主体の月光は完全に煮詰まりきっていて、いろんな人がデッキを組んでいますがどれも似たり寄ったりの構築になっています

更に8月末には新しい闇のリンク2、9月にはクロノダイバーリダンや未開域といった化け物新規が登場するため、今の月光は良い意味でも悪い意味でも凍結状態でした

なので今のうちに試せてない構築は全て試しておこうと思い、芝刈り型を考えました

使い心地としては、やはり事故率…彩雛と虎が揃う比率的には40枚のエクシーズ月光と大差なく、むしろ闇の誘惑のドローや芝刈りもあるため期待値的には上がっていると思うのですが、初動にならないカードが多くなったことで下振れる時はとことん下振れる
…といった感じです

ですが霧剣が三枚になり、入れられる手札誘発が増えたことで事故って動けなくても踏ん張りは効くようになっているので、環境に食らいつく形としての完成度はかなり高くなっていると思います

今までエクシーズ月光の構築をいろいろと考えていましたが、2019年8月現在ならこの構築が自分の中ではベストだと思っています


9月になってリダンが来たらラウンチアザトート型が大幅なパワーアップをすると思うので、未開域共々そこに期待ですね



それでは長丁場になりましたが今回はこの辺で失礼いたします!!

さよなら~~!!!

【遊戯王】RR幻影月光におけるクロノダイバーリダンができること

みなさまこんにちは

今回は前回に引き続き、月光の新たな力であるクロノダイバーリダンについて考察していこうと思います


f:id:tenzou270:20190729205515j:plain


と、いいますのも前回の記事ではリダンと幻影月光の噛み合いの良さや強さを一割も紹介できておらず、しかも素材を取り除く効果をコストと勘違いするという失態をおかしてしまいました

追記やコメントで何度も補足説明するのもよくないと思い、別記事で書き直そうと思った訳です



さあ、エクシーズ素材を効果で取り除けるということなんですが…

この効果、月光にとってはえげつないほどの追い風です

これまで効果扱いでエクシーズ素材を取り除けるランク4はというと、武神帝カグツチやマエストローク、アークナイトといった永続効果扱いの身代わり効果…
それを除くと(正確に調べてはいませんが)恐らく外神ナイアルラのみです

身代わり系の効果は破壊手段を用意しなければならないのでなかなか採用しにくいです

一時バルディッシュのリンク先にマエストロークを出して効果扱いで翠鳥を墓地へ落とそうなんて考えたこともありましたが、結局見返りが地味すぎてボツにしました

そしてアザトートが入っていることもあり、ナイアルラに落ち着いたのですが、
先攻ならともかく、肝心の後攻でそれを行うには墓地にモンスターが必要ということもあり、なかなか積極的に狙うことは難しかったわけです


そして今回の主役であるクロノダイバーリダンな訳ですが…

結論から言うとこいつ、いやこのお方、

これからの月光の柱になるレベルで強いです!ある意味ではワイズストリクスやブルホーンを越えています!!


前回のブログ更新からいろいろ考えてみたのですが、半端ないです…!!





まずは簡単なコンボから

いつものように彩雛と虎初動で彩雛と翠鳥を素材にリダンをエクシーズ召喚します、リダンの効果を発動し、翠鳥を墓地へ送ります

するとリダンが除外されて効果処理後に翠鳥が発動し、墓地へ行った彩雛が蘇生されます



ここで注目すべきは、エクストラモンスターゾーンが空いているということ

ここから彩雛で黄鼬を落としていつもの虎黄鼬コンボからフォースストリクスへ行き、ワイズストリクス展開に入ることが可能です



そんな回りくどいことしないでいきなりフォースストリクスになった方がよくね?新しいカード使いたいだけだろw


そう思う方もいるでしょう



違うんです、この動き自体がナチュラルにいろんな妨害のケアになっているのです

少しガチ寄りの話になりますが、フォースストリクスとワイズストリクスを取り入れたエクシーズ月光の弱点の一つがフォースストリクスへのうららやヴェーラー、無限泡影といった手札誘発です

仮に相手がリダンに妨害を使わず、フォースストリクスまで誘発を取っておくと仮定します

案の定フォースストリクスが止まりました!
黄鼬で虎が戻っているはずなので発動し、フォースストリクスのコストで墓地へ送られた彩雛を特殊召喚し、適当な月光を墓地へ送ります

そしてフォースストリクスと彩雛でリンク2、マスカレーナを特殊召喚します

エンドフェイズ!自身の効果で除外されたリダンが帰ってきます


おわかりいただけたでしょうか?フォースストリクスが止まってもマスカレーナによる相手ターンユニコーンの布陣が組めるようになったわけです!!

更に相手のスタンバイフェイズにリダンの効果で相手のデッキトップを奪い、罠ならデッキバウンスによる妨害ができ、魔法なら1ドローしてユニコーンの手札コストを用意することが可能です!!!



この動きは…強い!!




そしてもう一つ!エクシーズ月光の最大の弱点である黄鼬の除外…

基本的には黄鼬は2積みなのですが、枠の都合から自分を含め1積みにしている決闘者も多いことでしょう


ここで翠鳥の効果をよく読んでください!


除外からも帰還できるんですね~~!!!


今まではたった一枚のナイアルラが通ることを祈って恐る恐るやるしかなかったのですが、リダンの登場でナイアルラと二枚体制にすることができます!

これで帰還手段が増えたことで除外を恐れずにバンバン黄鼬を使えるわけですね!!



話を戻します

仮にさっき紹介したフォースストリクスへの誘発ケアの動き、それだけではありません

もしリダンにヴェーラーをされた場合…素材は墓地へは送られないので、そのままエンドしてもし生き残れば相手のメイン終了時に効果で翠鳥を墓地へ送って後続を確保

単純に魔法や罠を盗めればドローや妨害に化けるので一石二鳥です!

増Gされたとします

リダン出してエンド、魔法罠を盗んで以下同文



そして見事フォースストリクスが通れば、そのまま追加札なしでワイズ展開をし、RUMをセットしつつバルディッシュまで繋ぎ、リダンを帰還させて相手ターンアザトートの種になってもらうわけですね



隙がない…完璧だ……!!



もちろん先に出さずにブリガンダインを素材にして、選んでデッキバウンスという強力な妨害を確実に用意することも可能です

…というか普通に二枚入れても強いのでは…?


そんなこんなで月光の基本展開をガラリと変えるレベルのぶっ壊れ新規なわけです…



偉いところをおさらいします

・先出しして誘発を踏んだらワイズストリクス起動セットが丸々残ります

・仕事したらエクストラモンスターゾーンを空けて次に出すフォースストリクスを阻害しません

・もしフォースストリクスが止まっても追加札無しで相手ターンユニコーンの布陣が整います

・基本展開が通ったらそのままラウンチで相手ターンアザトートの種になります

・更にブリガンダインを素材に使えば単純に除去になります



こりゃ海外でバルディッシュラウンチが禁止になるわけですね……

もしかしたら日本に来て結果を残しまくったらバルディッシュが禁止食らうかもしれない…

まあこちらは増Gが三枚積めるから大丈夫か………



とにかく!まだ一ヶ月半も先ですが月光の未来は明るいです!安心してください!!


そしてまたコンボ等気付いたことがあったらこちらで紹介したいと思います!


それでは失礼致します、さよなら~!!

【遊戯王】待望の最強月光新規、タイムシーフ改めクロノダイバー・リダン!

みなさまこんばんは

…来ましたよこの時が!!


海外先行カードであるタイムシーフの和名がついに公開されました!

その名はクロノダイバーリダン!!


f:id:tenzou270:20190728232212j:plain


クロノダイバー…これは、かっこいい…!!


さてさて、これがどうして月光新規なのか今一度説明致します


近頃、というかリンクヴレインズパック2以降の月光は黄鼬やワイズストリクスによってランク4エクシーズ方面に寄っています

更にワイズストリクスからバルディッシュを出し、ブリガンダインを使用することで、リダンの最も強力な罠を素材に使った時の効果を使用することができます


更に更に!RR幻影月光の先攻妨害の柱であったラウンチによる相手ターンアザトート

リダンは素材のモンスターを取り除いて自身を除外し、エンドフェイズに帰ってくる効果があります
つまり自身の効果で相手のメインフェイズまでにエクシーズ素材がない状態にできる闇のランク4なのでラウンチアザトの種にできます!!


今まではこれを行うためにヴェルズタナトスというお世辞にも強いカードとは言えないカードを使っていたのですが…


リダンはそれだけでなく、罠とモンスターを素材にしておけば一度に二つを取り除き、それにチェーンしてラウンチで除去をしながら即座にアザトートになることも可能です


ランク4の選択肢としてももちろん優秀なのですが、その適正能力は全テーマ1である可能性まであります

それだけほんとに強い!



8月の末には新しい闇のリンク2の登場も控えているのでこれからしばらくは幻影月光の流れになりそうですね…!!!


そして近々新しい月光の構築を思い付いたのでそちらも記事にしたいと思います


それではこの辺で失礼致します、さよなら~~



※追記

リダンの素材を取り除くのはコストではなく効果でした

よって二つ取り除いてチェーンでラウンチの対象にすることは不可能でした
失礼しました

…というか効果で取り除くのなら黄鼬翠鳥紅狐彩雛の効果を起動できるのでますます月光新規ですねこれ……

発売日が楽しみです

【遊戯王】岩石族版キングレムリン!その名は御影志士!!

みなさまこんばんは

今回は、今度の七月発売の新パック、カオスインパクトに収録されるこいつの使い方を考察していこうと思います

(例によって月光デッキ目線です)


f:id:tenzou270:20190623191406j:plain


《御影志士》です
タイトルにもあるように、汎用ランク4であるキングレムリンブルホーンの岩石族バージョンと言える効果を持っております

公式がこれを発表してすぐに自分は検索サイトでこいつでサーチできる岩石族を全て調べました!

その中に一際存在感を放つやべーやつがいたのです


それがこいつ


f:id:tenzou270:20190623191713j:plain


智天の神星龍(セフィラトーラグラマトン)です!



……というかこいつ、岩石族だったんですね…

さあ!セフィラを混ぜるということはセフィラシウゴを入れて二種の有能罠を入れることができ、月光の苦手な妨害面の強化が可能になります


それでもいいのですが、せっかくなら妨害を増やすよりも月光の動きをブーストしてくれるやつがいいですよね?


そして調べてみたらこんなのがいました


f:id:tenzou270:20190629224814j:plain


イェシャドールセフィラナーガ…

残念ながら汎用Pにはならないので使いにくいのですが、グラマトンのスケール変更要因にするのであれば関係ありません

注目すべきはモンスター効果!

場のPカード一枚を手札に戻すとあります


知っての通り、現在月光の主流となっているエクシーズ軸月光は月光虎のP効果をゼピュロスや黄鼬の効果で何度も使い回してアドを稼ぐデッキです

それを一回分増やせるということ!!


しかも見ての通りPモンスターなのでそのままエレクトラムに繋ぐことも可能です



…と、いうわけで御影志士とセフィラを出張させたライオダンサー出撃パターンを考えてきたのでご紹介致します(先駆者様がいらしたら申し訳ありません)

必要札
彩雛+虎

彩雛通常召喚、コストで黄鼬落とし
虎発動、効果で墓地から黄鼬特殊召喚
彩雛と黄鼬でリンク2(下二つならなんでも)
墓地の黄鼬効果発動、虎を戻して自身特殊召喚
虎発動、効果で墓地から彩雛特殊召喚、コストで狼落とし
黄鼬と彩雛で御影志士、効果でグラマトンサーチ
グラマトン発動、効果でナーガをエクストラへ送ってスケールを1に
ナーガをP召喚、効果で虎を手札へバウンス
虎発動、効果で狼特殊召喚
ナーガと狼でエレクトラム、効果で虎破壊して狼回収
チェーン1、エレクトラ
チェーン2、虎
墓地から彩雛特殊召喚、1ドロー
彩雛コストで舞豹姫落とし
狼発動

あとは場にいる御影志士、エレクトラム、彩雛、リンク2で好きにリンクモンスターを作って狼でライオダンサーを出せば終わりです


先行展開はいろんな人がTwitterで展開例を考え、投稿しているのでここでは紹介しません、申し訳ない!!




いやあ…ランク4がどんどん充実してきますなあ……!
7月の改訂が出る前の情報公開だったので、ブルホーン帰還の兆しか!?等と思ったのですがそんなことはなかったです

このセフィラ出張を実戦で使うとすると、ナーガの素引きがとにかく罪深いのでこいつを2にして、グラマトンを1枚入れるとちょうど良いかと

新しい汎用リンク4のライゴウも来ますし、今度のパックは久しぶりに月光の強化が成されるのではないでしょうか?!!


それでは今回はこの辺で失礼致します!さよなら~~~!

【遊戯王】月光ソリティアシリーズ『プリーステスオーム先攻ワンキル』編


みなさまこんばんは


先日七月の制限改訂が発表されましたね!


月光(ムーンライト)デッキに関係ありそうな内容としてはトロイメアマーメイドの禁止、これによって前回紹介したオルフェ型は機能停止になりました

まあこいつがいる限り全ての展開テーマがアイデンティティーを失い、オルフェ出張に頼らない理由を探すところからデッキを作らなくてはいけないことになっていたので当然っちゃ当然でしょう


もう一つの禁止はガンドラX…

このブログでも何度もお世話になってきたカードだったので少し寂しいですね

悲しくはないですけど!


さあ!そんなわけで先攻ワンキルが撲滅されたわけでついに環境に平和が戻ったわけです


ですが本当にこれでいいのでしょうか?


全ての展開デッキの憧れである先攻ワンキル…


それをこんなにあっさりと諦めて良いのでしょうか?



ファイアウォールドラゴンの巻き起こした連続禁止カード祭り、それから唯一生き残ったあのカードを使えばまだ先攻ワンキルは可能なのではないか……?



そう、それが今回の主役


f:id:tenzou270:20190617210530j:plain


プリーステスオームです!



……なんといいますか今回の展開はですね、かなり拍子抜けです

まずはいつもの展開ルートから見ていただきましょう



必要札
月光彩雛+月光虎

彩雛通常、コストで黄鼬落とし
虎発動、効果で黄鼬墓地から特殊召喚
彩雛と黄鼬でフォースストリクス、黄鼬使って効果でシンギングレイニアスサーチ
墓地の黄鼬効果発動、虎戻して自身特殊召喚
シンギングレイニア特殊召喚
フォースストリクスとシンギングレイニアスでワイズストリクス、効果でゼピュロス特殊召喚
虎発動、効果で墓地から彩雛特殊召喚、コストで翠鳥落とし
彩雛とゼピュロスでフォースストリクス(中央)、ゼピュロス使って効果でクリスサーチ
ワイズストリクス効果発動、ソウルシェイブフォースセット
虎戻して墓地のゼピュロス効果発動、自身特殊召喚
虎発動、効果で墓地から翠鳥特殊召喚
黄鼬と翠鳥でナイアルラ、効果で素材を墓地のシンギングレイニアスと入れ換え
チェーン1、黄鼬
チェーン2、翠鳥
墓地から黄鼬特殊召喚、小夜曲舞踏サーチ
ナイアルラをアザトートにランクアップ
フォースストリクスとワイズストリクスでバルディッシュ、効果でダスティローブ落としてブリガンダインセット
墓地のダスティローブ除外して効果発動、サイレントブーツサーチ
ソウルシェイブフォース発動、墓地からフォースストリクス特殊召喚してベアトリーチェにランクアップ
バルディッシュ効果発動、虎破壊
虎効果発動、墓地から翠鳥特殊召喚
翠鳥効果発動、小夜曲舞踏墓地へ送って1ドロー
ベアト効果発動、プリーステスオーム墓地送り
翠鳥と黄鼬でデュガレス、効果でプリーステスオーム墓地から特殊召喚
デュガレスとベアトでデスポリス
デスポリスリリースしてプリーステスオーム効果発動、相手に800ダメージ(1)
クリス特殊召喚、リリースして800ダメージ(2)
ゼピュロスリリースして800ダメージ(3)
アザトートリリースして800ダメージ(4)
サイレントブーツ特殊召喚、リリースして800ダメージ(5)
墓地のサイレントブーツ除外して効果発動、幻影霧剣サーチ
バルディッシュリリースして800ダメージ(6)
墓地の小夜曲舞踏除外して効果発動、霧剣墓地へ送ってデッキから彩雛特殊召喚、リリースして800ダメージ(7)
墓地の霧剣除外して効果発動、墓地からバルディッシュ特殊召喚、リリースして800ダメージ(8)
ブリガンダイン発動、自身特殊召喚、リリースして800ダメージ(9)
プリーステスオーム自身リリースして800ダメージ(10)

最終盤面
なし
1ドロー
相手に800×10=8000ダメージ


…はい、メインデッキに限ってはいつものRR幻影型にプリーステスオームを一枚入れるだけでこのコンボが可能です

しかもエクストラデッキベアトリーチェとデュガレスを追加するだけという有り様

こんなに簡単にガンドラ以外の先攻ワンキルが可能だったという…
今まで気付かなかったのが悔しいですな



といいますかベアトとデュガレスのコンボが冷静にヤバいです…
次のターンのメイン1がなくなるとは言え、通常召喚可能なモンスターならなんであろうと場に出せるのは非常に強力です

このコンボを使えばもっといろいろできそうなので探っていこうと思います


それでは短いですが今回はこの辺で!

さよなら~~!!

【デッキ紹介】月光オルフェゴール【遊戯王】

みなさまこんにちは

ついにこの時がやってきました…!!


月光オルフェゴールの紹介です!!!!



さてさて、なぜこのタイミングでこれを紹介したかといいますと…

もともと自分自身オルフェを混ぜることには否定的でした
ですが7月の制限改訂が近く、群雄割拠環境の中で若干頭一つ出ているオルフェゴールは規制される筆頭候補…

そうなる前に今試せる月光の型は食わず嫌いせずにいろいろ試しておこうと思いました
故にこのタイミング!


で、始めに断っておくと、今回の記事はRR月光またはそれに幻影を入れた型とオルフェゴールデッキのある程度の知識が入っていること前提で話を進めます

なのでよくわからないなって人はここの過去記事や余所様のブログやWiki等で調べてください!


では早速構築へ

今回試作として作ってみたのはこんな感じです!!


f:id:tenzou270:20190606011607j:plain


うう…ついに融合モンスターがまるっと抜けてしまいました……
ですがそれもやむ無しッ!

オルフェゴールを混ぜるとなるとメインエクストラ共に枠がかなりパンパンになってしまいます

メインに最低限必要なのは
オルフェゴールトロイメア2
ディヴェル1
スケルツォン1
クリマクスorバベル1(あるいは両方)
計五枚

エクストラは
フェニックス1
マーメイド1
ガラテア1
計三枚
ここから更にディンギルスや二枚目のガラテア、幻影騎士団モンスターとのコンボが便利なアルミラージ
とキリがないです


自分が月光オルフェゴールを敬遠していた理由としては、月光と混ぜてもグッドスタッフリンク的な基本型のオルフェの劣化になり得ないということ、事故率が上がると思ったこと
そして何より、月光を組む最大の利点である狼彩雛ライオダンサーの最強コンボをするための枠がなくなることでした…


ですので、考え方を変えてみました

如何に月光の強みを残しつつ、基本型オルフェの劣化にならないように構築するか?
  
こう考えると次のことが言えました



「現在最強のランク4テーマは『月光(ムーンライト)』である!!」(諸説あります)


…思い返すと黄鼬と虎がやっていることはランク4デッキの全盛期でもあるクラウンブレードとなんら変わりません

更に最近遊戯王wikiの【ランク4】の項目を見るとなんと…
出張ギミックとして月光が紹介されていたのです!!


オルフェゴールにはスクラップ型やシンクロイヴ活用型といろいろな流派があります

それならエクシーズ型は?
第三の型としてそれを提示してしまえばいいのでは?


つまりこういうことです



月光がオルフェゴールの力を借りるのではない




月光がオルフェゴールに力を貸してやっているのだ!!!




つまり!今回の主役は月光ではありません!!



ランク4最強の出張能力を持つ月光をエンジンとしたオルフェゴール…これこそ今回の記事の本質なのです!!!!!




さあ、となるとオルフェゴール側に月光側が何ができるかをアピールしなければなりませんね

一つ
・サーチ手段が豊富
天キや月光香、副葬といったいつもここからのコンボパーツが集めやすい

二つ
・手札を捨てるカードが多いこと
月光やセレナードダンスといった、手札を捨てて○○するといったカードが豊富なので、オルフェや幻影騎士団が手札に来ても困りません

三つ
・闇属性テーマということ
オルフェがよく組む相手は闇以外の属性であることが多く、オルフェゴールから動くとそれらが死ぬことがあります、でも月光が特殊召喚するモンスターのほとんどは闇属性なのでこれが気にならず、柔軟に動けます

四つ
・闇のリンク2を有していること(RRが)
幻影オルフェのエースモンスターでもあるラスティバルディッシュ、主にガラテアを素材に出てくるのですが、その他の選択肢があるのは非常に大きいです
つまり闇鳥ギミックを囮にマーメイドを通しやすくすることができるわけですね

五つ
・ナイアルラアザトート
月光デッキの最終兵器、後攻での威圧が可能です
しかもRRや幻影と協力することでRUMをサーチし、相手ターンアザトートという最高級の妨害が可能という大盤振る舞い
更にナイアルラに黄鼬を巻き込むことでセレナードダンスをサーチし、トロイメアの手札コストを供給できます



まあこれだけあればオルフェ側も首を縦に降るでしょう

次はオルフェゴールが月光側に与える利点です



一つ
・序盤の弱さを補える
月光は一度レールに乗ればほぼ勝ち確という、絵に描いたかのようなパワーテーマです
ですがこのレールに乗る前…つまりフォースストリクスを止められたり、相手の伏せが多くて無闇に動けないときは絶望的に弱い…
そこでオルフェゴールが助けてくれます!
まず、魔法罠カードをトロイメアフェニックスで破壊できます
フォースストリクスが止まり展開できないとき…モンスターが一体いればマーメイドになってオルフェ展開にいつでもシフトできます

二つ
・妨害力の高さ
効果の発動をなんでも無効にできる専用カウンター罠であるオルフェゴールクリマクス
これまではワイズストリクスからのソウルシェイブフォースでインフィニティ出せなければ成し得なかった無効にして破壊効果を用意に揃えることができます

三つ
・闇のリンク2
オルフェゴール同様、月光も先行の妨害のほとんどをバルディッシュに一任しています
そこに繋ぐための闇のリンク2が、これまではフォースストリクスを止められるとアンクロやデスポリスを出すしかなかったのですが、月光だけで出せてアドを稼げる闇のリンク2であるガラテアが入ったことで安定性がより強固になります

四つ
・汎用リンクを入れなくて良い
三つ目の利点と被っていますが、汎用リンク枠をトロイメアに任せられるようになったことで、デスポリスやアンクロといったパワーの低いカードに枠を用意する必要がなくなりました




あれ…?相性ばっちりじゃね??



さあ!無事に同盟が結ばれたところで問題が…まずはこちらをご覧ください


f:id:tenzou270:20190606011706j:plain


これは前回の記事のおまけで紹介したRR幻影月光の基本型です


ここに先程紹介したオルフェの出張パーツ五枚を入れます



五枚入れ…入れられねえじゃねえか!!


ライオダンサーを使わない決断をしたことで黒羊と狼が抜けるところまではいいのですが、残り三枚…どうやっても空きません



今までオルフェ型を紹介できなかった理由の一つがこれです

枠が、ない…


そう、なかなかちょうど良いところでまとまらなかったのです



そこで注目したのが闇鳥周り!

オルフェゴールを混ぜる利点の一つに、フォースストリクスが止められても大丈夫という点があります

それならワイズストリクスまで通る前提のカードは削っても良いのでは…?そう思ったわけです

ソウルシェイブから出てくるインフィニティの役割はクリマクスがこなしてくれますし
サーチ先であるRUMならラウンチがあるので、ワイズが通ればバルディッシュの負担が減り、ワイズがダメならバルディッシュがフォローしてくれますということになります

しかもマーメイドという引きに関係なくいつでも手札を捨てられる要因が増えたことでゼピュロス素引きも怖くありません


ということでソウルシェイブ1、ゼピュロス1out


残り1枠


この一枠が大変でした…結論から言うと紫蝶を抜きました

紫蝶を入れる最大のメリットが、彩雛+彩雛でもソウコスタートすることで虎を揃えて展開できること…

今まではデスポリスを経由していたのであまり強くなかったのですが、オルフェを混ぜるなら話は別です

リンクの就職先のなかったソウコにトロイメアという進路を与えることで問題なく強い展開に移ることが可能になるので、ある意味オルフェゴールと混ざることで最も輝く月光モンスターだったのですが…

ライオダンサーを抜いたことでソウコの役割も減り、対象に取らない無効もディンギルスの存在から恩恵が薄い

等々の理由からソウコと一緒になくなく抜く結果になりました


たったこれだけ入れ換えるだけで環境クラスの力が手に入るのか…?

最初は自分も半信半疑でした、でもさすがは環境テーマ…!

回してわかった、これは強いやつだ、というかあかんやつだ


そして展開例…と行きたいところですが今回はなしで…
めちゃめちゃ長くなりますので最終盤面だけ


f:id:tenzou270:20190606011745j:plain


狙うのはこの画像のようにクリマクス+ガラテア、バルディッシュ+タナトス+ラウンチ、そこに追加で霧剣やランク4、ディンギルスを追加していく感じです



●まとめ

とりあえず形にはしました…が、これが正解ではないと自分は考えております
というのも、オルフェゴールというテーマ自体、クリマクスやディンギルスといった超強化が成されてから現在までに型が日々進化しています

ましてや研究者がただでさえ少ないランク4軸…最適な最終盤面はまだまだ他にありそうです

バベルまで入れるか入れないかや、もしかしたら明日にはナイアルラアザトートを抜いている可能性だってあります

ですが前々からオルフェ型は一度触って記事にしてみたいと思っていたので今回紹介してみました



そしてここまで読んでくださった皆様にお詫びです…

実は今回のデッキは、実戦経験ゼロです!!
100%机上論と一人回しで固められた理論になっていますので、お見苦しい点があったかもしれません

(ごめんなさいしばらくデュエルをやれる時間が取れず最悪制限改訂発表に間に合わない恐れがあったので)


そんなところで今回はここまで!ありがとうございました、さよなら~~!!

【デッキ紹介】後攻型月光(幻影スイッチ)【遊戯王】

みなさまこんにちは!


遊戯王WCSのブロック戦に行って参りました!!


使ったのはもちろん月光(ムーンライト)です


戦績はというと……………






……………………初戦敗退です



まあ!スト負けではないですし一方的な蹂躙ショーってわけでもなかったですし、前から紹介してみたいと思っていた戦術なので今回記事を書くに至りました

ちなみに相手はオルフェゴールでした



デッキレシピはこんな感じ!


f:id:tenzou270:20190526172807j:plain


タイトルに後攻型月光とありますが、種を明かすと
いつものRR幻影月光が後攻用のサイドチェンジをした姿ってだけです


今回こんな型にした理由の一つが、枠です

幻影騎士団を混ぜた月光はご存じの通り、相手依存の汎用カードを入れる枠が存在せず、それを入れようとするとメインギミックを削る他なく、事故率が高くなるリスクが生じます

つまり幻影を混ぜるのなら先攻展開にある程度振ったメイン構築にすることが強いられるわけです

せっかくのラウンチと霧剣もじゃんけん負けて後攻ならワンキルが売りの月光には意味がありません

ですがこれは逆にいうと、後攻のサイチェンをする時は入れ換えられる枠が五つも約束されるわけです

これらが幻影型の欠点と利点と言えるでしょう



そこで今回のスイッチ戦術というわけです!

最初のじゃんけんを捨て、最初から後攻用にすることで先行を取られた際のリスクを抑え、更に後攻時に真価を発揮するカードを使うことで、月光本来のワンキル力を極限まで高めることが可能です

そして自分が確実に後先を選べるときは先を選んで、存分に幻影型の力を披露する

という作戦です!!

あとはファンタズメイと増Gをフル投入することにより彩雛と虎を揃えやすくなっているのも後攻型の利点です


●採用カードについて

久しぶりなので長いですが全紹介でいきます…

・月光彩雛
いないと始まらないこのデッキのメインエンジン
こいつを除外してライオダンサーでフィニッシュが常套手段

・月光虎
同じくエンジン、今の月光はこいつと彩雛に一任されてます

・月光黄鼬
月光が中堅上位~環境下位まで上がれた元凶
一積みなので大事に扱いましょう

・月光翠鳥
縁の下の力持ち
ナイアルラの素材にすることでモンスターの数を減らさずにアザトートが出せます
手札入れ換え効果も引きたくないカードの多いこのデッキにはマッチしています

・月光紫蝶
一時期抜いてましたがこいつがいるのといないのとで動きの幅が段違いだったので復権

・月光狼
後攻型になることで更に輝きを増しました
こいつさえ通ればボロボロでもモンスターを全滅しつつワンキル、無理でもを立てられます
つまりこいつを何がなんでも通さないとかなりキツいということです
出すのはもちろんライオダンサー

・月光黒羊
ソウコを疑似狼サーチにするだけの目的で採用
ブルホーンが解禁されたら真っ先に抜く候補

・終末の騎士
四枚目の彩雛
副葬スタート等で召喚権が余ってる時はゼピュロスを落として妨害貫通力を高めます
制限になってしまいましたがそもそも枠がないのでむしろちょうどいい

・シンギングレイニア
ワイズストリクスの踏み台
素引きすると嬉しい

・ゼピュロス
虎とのコンボがえげつない月光ファミリー
ワイズストリクスはデッキからしか出せないのと、副葬や月光香と一緒に持っていると強いので二枚

・クリス
ワイズ起動用のフォースストリクスのサーチ先
今後レベル4の闇鳥の選択肢が増えて来たら抜く候補
もっと増えろ

・月光香
四枚目~の虎
これが引けていると後攻の捲りがかなり楽になります
ですがこれだけ引いても何もできないのでなんとも
名称ターン1がついてないのによく驚かれます

・副葬
はっきり言います、これがこのデッキでは一番のパワカです!
召喚権を使わずに彩雛を場に出す手段がほんっとに少なくてですね…これで月光香やセレナードダンスを落とす以外には一積みおろかな埋葬や、狼を引いてP召喚するだけです
なのでこれが引けていると誘発貫通能力が格段に上がります!それだけ大事!
月光香

おろかな埋葬
副葬と同じくこちらも超強力です
単純に彩雛へのアクセスにもなりますし、翠鳥を落として月光を蘇生したり、虎があるときにゼピュロスを落とせば単純にモンスターが二体増えます

・天キ
副葬からの月光香同様、彩雛と虎のどちらにもなれるカードです
ヒダルマーの弾にするのもよし、ゼピュロスで戻すもよし
しかしターン1なので噛み合い次第では憎くなることも

・ソウルシェイブフォース
インフィニティ射出機
後攻でワイズまで通ってるとそもそもインフィニティに頼る必要性も薄かったような気がします
というか素引きが多すぎる…パワカなのに変わりはないですがね

・セレナードダンス
副葬の選択肢
引いても翠鳥で墓地へ送れば安心

・増G
後攻にしたことで結果的に普通のドローカードとして扱うことができます
墓穴見れるのが偉い
サブテラーは知らん

・ファンタズメイ
増G同様後攻の利点です
手札を入れ換えつつ対象耐性を与えるのが強い、正に用心棒の名に相応しい

・うらら
採用理由はもはや何も言うまい…
どのデッキにも必須過ぎるのはよくない

・うさぎ
ファンタGで引ける誘発が欲しかったのでサイドから一枚昇格

・ハーピィの羽根箒
後攻ならとりあえず入れとけ!

・精神操作
妨害を踏みつつ、なければモンスターが増えるのが魅力と思い採用しましたが、結局披露する機会は来ず…

・無限泡影
ブリガンダインがサイドに行ったことで意気揚々と入れてみましたが、考えてみればファンタズメイと喧嘩しますねこれ…


エクストラデッキ


・月光舞獅子姫
もはやお馴染み、最強の切り札、大好きなカードです
天キにターン1がついているので狼をソウコ経由で疑似サーチするのが不安定なので今回はヴァレソと両採用です

・月光舞豹姫
踏み台、いつかちゃんと使ってあげたい

・フォースストリクス

ワイズストリクスに繋ぎます、裏守備は敵

・ナイアルラ
アザトートに繋ぎつつ抱えた翠鳥を効果で墓地へ送れる器用者
後攻型になったことでより輝くようになりました

・アザトート
手札誘発を全て無に帰す悪魔
ファンタズメイ等が出てくる可能性もあるので余力があるならとりあえず出しておくとよし

・ソウコ
主な使い道は天キセットからの月光のサーチ
耐性持ちをやわらかくするのにも使います

・竜巻竜
汎用ランク4
今回はナイトメアではなくこれを選びました、理由としては先を取った時の最終盤面です
狙うのは相手ターンアザトート+インフィニティ+ランク4+霧剣なのですが…
見れる範囲の薄い伏せカードと、魔鍾洞にも対応したかった、という…それだけです!!

タナトス
アザトートの 踏み台
タイムシーフはよ寄越せ

・ワイズストリクス
ランク4デッキの革命児
月光デッキとの噛み合いがとにかくえげつないです

・ヒダルマー
伏せ除去マン
ですが昨今の月光は虎を破壊せずに手札に戻して使い回すのでいまいち使いづらいです
天キが破壊できたら最高です

・デスポリス
闇属性で斜めマーカー二つの汎用素材のリンク2ということで
効果はおまけ

・ヴァレルソード
後攻特化にしたことでキル力を高める必要があったのと、万が一後攻用の内容で先行を渡された時に攻撃妨害が可能です
…まあ微力ではありますが
なんだかんだ展開テーマならとりあえず入れとけレベルで強かったですね……

バルディッシュ
先攻専用…に見せかけて実は役割は多いです
単純に横マーカーが欲しいときや、リンク先にソウルシェイブフォースでフォースストリクスを特殊召喚することで破壊効果を起動できます
このデッキでセットモンスターや守備表示の戦闘耐性モンスターを対処できるのはこいつだけなので大事に使いましょう


サイドデッキ


・ダスティローブ
サイレントブーツをサーチすることで手札コストを一回ちゃらにできます

・サイレントブーツ
ローブ共々レベル3なのが惜しい…

・ラウンチ
タナトスを使って相手ターンアザトを仕掛けます
後攻では使い道が無さすぎるのでサイドへ

・ブリガンダイン
無限泡影を抜いてこいつとサイレントブーツだけメインに残すのもありだったような気も…
モンスター扱いする罠です
攻撃力はゼロです

・幻影霧剣
効果だけでなく攻撃も止められます
先攻展開では主にインフィニティを守るように立ち回ると良い結果になりやすいです

サイチェンに関しては先攻なら幻影騎士団五枚と墓穴をぶちこんで、わらしやらコズミックやらをちょちょいと入れるぐらいなので特に語ることはありません

他は割愛致します
特にこれなんですか?みたいなカードも入っていないはずなので…



●まとめ

んー…悔しいですね
幻影をサイドにっていう発想は良かった…とは思うのですが、完全にマッチでの実践経験不足ですね…

相手が先攻後攻どちらを取るか等の読みのレベルを上げないとスイッチ戦術は使いこなせないなと今回思いました

思い付きでやってみた戦術なのでこれが正しいかも正直怪しいです…
(そんな完成度で紹介すんなよって話ですが…w)


改善点としましては、やはり汎用カード群の練り込みです

増Gファンタズメイうらら羽根箒辺りは確定として、空いた残りの枠に何を突っ込むかの練りが甘かったです

メインデッキで広く浅く環境を見るのか、はたまた環境トップのデッキにメタを絞るのか等

言い訳になりますが、久しぶりの後攻デッキだったのでその辺のデッキ構築の勘が鈍っていました


やっぱりじゃんけんで必ず勝って先攻を取るという鉄の意思を持っていた方が良かったのでしょうか…?


一応現在のRR幻影月光の構築もここに載せておきます


f:id:tenzou270:20190526224510j:plain


(エクストラは変更ありません)


…うん、やっぱりこっちの方がしっくり来ますね!

ですがやっぱり枠がキツい…相手の先攻展開を止められるのがうららだけというのはかなり厳しいものがあると思います



まあ、憧れだったWCSの公式スリーブをもらえただけよしとしましょう!!


f:id:tenzou270:20190526224950j:plain


今回はこのような結果に終わってしまいましたが、これからも月光を使い続けて頑張っていこうと思います!

秋頃にはデンジャーやタイムシーフも来ますしね!


それでは今回はこの辺で!!


さようなら~~~~!!!